>

水まわりはカビに注意しよう

ブラシに付けて擦る

他の汚れはスポンジで擦れば落ちるかもしれませんが、カビはそれほど簡単ではありません。
スポンジではなく、ブラシで擦るのが良い方法です。
重曹を水に溶かして、カビの繁殖している部分に吹きかけてください。
しばらく放置してから、ブラスで擦るとカビが落ちます。
ブラシは、細かいスキマまで入り込める面がメリットです。

ですからタイルとタイルの境目や、お風呂の蓋の溝などスポンジでは掃除しにくい部分でも綺麗になります。
そのような境目や溝に水が溜まり、カビが繁殖するケースが多く見られます。
重曹はカビ以外の汚れも落とすのに向いているので、掃除をする時にかなり重宝します。
早く掃除を終わらせるためには必要なので、用意しておきましょう。

これからカビが繁殖しないように

せっかく重曹を使ってカビを綺麗に落とすことができても、しばらく経過すると再び繁殖してしまうことがあります。
何度も同じことを繰り返すのは、ハッキリ言って効率が悪いです。
今後はカビが繁殖しないように、クエン酸で除菌してください。
クエン酸には除菌効果があるので、カビの繁殖を抑えることができます。

重曹と同じように、水に溶かして使ってください。
水を使うところの、全体にクエン酸を吹きかけておくとカビや汚れの防止になります。
これからの掃除が非常に楽になるので、使ってください。
重曹やクエン酸は化学系の洗剤のように、人体に与える影響がない面も嬉しいですね。
ですから何も気にしないで、重曹やクエン酸を掃除に活用しましょう。


この記事をシェアする