水まわりはカビに注意しよう

カビは、湿っているところに住み着きます。 ですからお風呂場や、キッチンなどで繁殖しやすいです。 カビが繁殖していないか、こまめに確認しましょう。 もし繁殖していた場合でも、重曹を使えば除去できるので焦らないでください。 早く除去しないと、もっと繁殖してしまいます。

取り出しやすい場所に置く

みなさんは、どこに掃除道具をしまっていますか。 取り出しにくいところなると、掃除への意欲がなくなってしまいます。 ゴミを見つけた時に、すぐ取り出せるよう身近なところに置いておきましょう。 さらに軽い掃除機を購入することで、身体に与える負担が減ります。

家事の方法を知ろう

毎日、掃除の時間を確保するのは大変だという人が見られます。 他にもしなければいけない家事はたくさんあるので、掃除を楽にする工夫考えましょう。 浴室や洗面所は、何かをしているついでに掃除するのが良い方法です。 少しで良いので、毎日掃除していれば綺麗になります。

掃除をするタイミング

ついでに掃除をすませるのが良い方法です。
お風呂に入っている時に掃除したり、顔を洗っている時に洗面所を掃除してください。
すると後から掃除しなくても良いので、時間短縮になります。
また自分だけでなく、家族全員で取り組むのが良い方法です。
汚れに気づいた人がするルールを決めると、1人1人の負担が減ります。
いつも綺麗な状態にするためには、こまめに掃除することが大切です。
毎日、汚れている部分がないかついでにチェックしてください。

水まわりは、カビが発生しやすいので掃除が大変です。
ですが、重曹を使えば頑固なカビでも落とせるので安心してください。
お店に行くと、たくさんのカを落とす洗剤が販売されています。
ですが科学系の洗剤は人体に悪影響を与えることも多く、使用することに抵抗を感じている人が見られます。
重曹なら、人体に被害を与えることはないので子供がいる家庭でも使える面がメリットです
重曹でカビを落とした後は、クエン酸で除菌すればカビの予防になります。

掃除道具を、身の回りに置いておくというのも良い方法です。
するとホコリなどのゴミが落ちていて気になった時に、すぐ道具を取り出して掃除できます。
掃除道具が押し入れの奥にあると、取り出すのが面倒です。
そのため、掃除をやらなくなってしまうかもしれません。
すぐ取り出せる場所に、掃除道具を置いておきましょう。
軽い掃除道具であれば、長時間使っても身体に負担を与えることはありません。